代表紹介

HOME»代表紹介

石井孝雄先生の言葉

今、私達にできる事。それは、悩んでいる誰かのために全力を尽くし笑顔に変える事。
ごく簡単な事でもやる気のない人が多いのはなぜでしょう。
恥ずかしいから、変に思われるから、自信がないから閉鎖的になる。
これらの理由で、出来ないのであれば実に残念です。
人の心も二極化構造(真心・魔心)になっていますが、生まれた瞬間から人は誰かのために生きて行く宿命を宿しています。
その真心を、自ら育て進歩させることが本人に課せられた生涯学習であり幸福になる足掛かりだと思えてなりません。
幸福を呼ぶ原石は、貴方のなかで輝ける日がくるのを待ち望んでいます。心のかせを取り払い、身近な人から始める事が自信に繋がります。
そして、共に喜びを感じたら心のままに身を委ねましょう。
それは、原石を磨き輝かすための一歩であって心の広がりを伝える証しを受けているのです。

石井孝雄先生の紹介

石井孝雄先生1948年3月、奈良県奈良市に生まれる。
1997年8月、神の啓示により会社を退社し、東京から長崎に移る。
1997年12月12日未明、突然白い光に包まれ神より天啓を授かる。
1997年12月12日「こころの倫理」を設立し、九州地区を拠点に「心の育成」と「神の存在」を示す普及活動を始める。
「心が育つ会」の名称で、多くの方々の悩みや難事を解決に導くための「心の指導」を全国各地で行ない、幸せになるための“心の進歩”を目指して日夜活動し現在に至る。
親しみを感じさせる優しい人柄には定評があり、相談者の心の支えとなっている。